実母と義母に贈る母の日のプレゼント

母の日に贈る実母と義母へのプレゼント!

結婚すると自分の母と夫の母と2人のお母さんを持つことになります。
そのため母の日のプレゼントを考える悩みも2倍になったりします。

 

実母や義母に贈る母の日のプレゼントでは、いろいろなアンケート調査結果も出ていますが、ここで紹介するのは今年最新の2017年のアンケート調査から集めたものです。

 

よかったら参考にしてみてください。

母の日のプレゼントの予算

実母と義母に贈る母の日のプレゼント

母の日のプレゼントの予算は、調査年月日、調査対象によって微妙に異なりますが、最も多い母の日のプレゼント予算は、3,000円〜5,000円です。

 

2017年の傾向としては、少し予算は昨年よりも減少しているようです。
2番目に多い予算額としては、2,000円〜3,000円です。

 

3番目に多いのは5,000円以上かと思いきや1,000円〜2,000円でした。

実母と義母に贈る予算は違う?

実母と義母に贈る予算はほとんどの人が同じと答えています。

 

ただ、贈るものが違う場合には多少違いは出るようです。
実母と義母でプレゼントの予算が違うと、2人の会話でプレゼントの金額が把握されてしまう心配もあり、ひょっとしたらトラブルにも発展しかねません。

 

お互いのトラブルを避ける意味でも、プレゼントの金額は平等にした方がよさそうです。

母の日のプレゼントは何がいい?

実母は好みもわかるのであまり問題はないと思いますが、義母の場合は日頃から好みをリサーチしておく必要があります。

 

亡き母に添える白いカーネーションを間違っても贈る事はないと思いますが、そんな意識はなくても義母が嫌いな花を贈ってしまうことも考えられます。

 

そんな時には義母に「嫌がらせされている」と変に誤解されかねません。
お花や物品でなく商品券や現金も、よさそうな感じはしますが、渡す相手によっては「見下されている」と思われてしまいます。

 

また、「親に渡すものではない」「お小遣いを貰う年ではない」と反感もかうこともあります。
現金や商品券は気心が知れた実母ならともかく義母には絶対避けましょう。

 

ますます、何を贈ったらいいか迷ってしまいますね。
母の日のプレゼント選びは、何気ない日頃の会話や、趣味・習慣から察することができます。

 

日頃、家事や仕事などで疲れやストレスがたまっているようなら、リラクゼーショングッズやマッサージのギフト券、
キッチン周りに不便をかんじているようならキッチングッズなどが考えられます。

 

趣味や習慣があれば、それに関する実用品のプレゼントが良いのではないでしょうか?

実母や義母に気を使わせない

あまりに高価なプレゼントを贈ると逆に、実母や義母に気を使わせることになります。

 

母として高価なプレゼントを貰うとどうしても「お返し」を考えてしまいます」。

 

贈り物や、旅行、食事会など予算には注意が必要です。
また、孫との食事も喜ばれますが孫の世話で疲れてしまわないような配慮も必要です。

感謝の気持ちの伝え方

多くの方が親と別居していると思われるので、母の日のプレゼントを贈るのは宅配で贈る事になると思います。
そんな時には必ずメッセージを添えて贈るようにしましょう。

 

義母には「お義母さん」ではなく「おかあさん」と書いた方がいいです。
また贈り主は夫や子供の連名にして、間違っても夫の名前だけで贈らないようにしてください。

 

メッセージ内容に困るようなら定型文でけっこうです。
「あかあさん、いつもありがとうございます」や「今度、孫を連れていきます」などです。

 

近くに住んでいる時に宅配ではなく手渡しにして下さいね。
母の日は義母との交流を深めるチャンスと捉え、感謝の気持ちをしっかり伝えるようにしてみてください。

こんな人からプレゼントを貰いたい

母の日のプレゼントは、実の子供や孫、嫁から貰うのがほとんどですが、実はこれらの人以外でプレゼントを貰いたい人のアンケートを取ったら、「旦那様」と回答した人が圧倒的に多いんです。

 

お母さんは夫からプレゼントが欲しい、感謝してもらいたいと考えているんですね。

 

母の日プレゼント:トップへ