宇都宮餃子

餃子の起源

母の日プレゼント,母の日グルメ,母の日ギフト,宇都宮餃子

 

>>宇都宮餃子特集(楽天市場)

 

餃子というと、中国料理というイメージが強いですが、同じように小麦粉の皮に具を包んで加熱した食べ物は世界各地にあります。日本で食べられるようになったのは、まだ100年ほど前からですが、世界的には大変古い歴史を持っている食べ物です。

 

中国では紀元前600年前の移籍から餃子らしき食べ物の遺跡が見つかっています。

 

小麦粉を使い中に具を包み込んだ食べ物は、紀元前3000年前の古代メソポタミア文明の遺跡からも見つかっています。

 

餃子は発症の地はメソポタミアで、それがシルクロードを伝わって、インドや中国などで発展し、近隣諸国に伝わって行ったと思われます。

 

日本で餃子を食べるようになったのは、昭和の初期で意外に新しく、中国に渡っていた日本人が故郷の宇都宮に中国で慣れ親しんだ水餃子を伝えたのが始まりだと言われています。

 

中国では、ゆでた水餃子の残りを焼いて食べていたのが焼き餃子ですが、日本では、どうして生の餃子をそのまま焼いて食べるようになったのかは不明ですが、現在の焼き餃子のスタイルが広がっていきました。

 

同じような時期に日本国内に中華街が出来始め、色々な餃子が日本に伝わり地域に密着した福岡や神戸のような独特のスタイルも生まれました。

 

>>宇都宮餃子特集(楽天市場)

 

名前の由来

 

餃子の名前の由来は、中国では餃子を「ジャオズ」と発音し、焼き餃子は「(グ)ゥオ・ティ」と発音します。この2つが混じり合って「ギョウザ」になったといわれています。

 

「ジャオズ」は中国では子供を授かる「交子」と同じ発音であるために大変縁起が良い食べ物とされています。

 

形の由来

 

中国で使われていたお金が半円形だったことから、お正月などに食べる料理として福を呼び込む縁起の良い形として作られました。

 

また、丸い形や巾着の形も多く、縁起のよい円やお財布、桃の形をかたどったものです。

 

■■宇都宮餃子■■

 

日本のギョウザでは宇都宮市の餃子が知名度高い。
宇都宮市の餃子の始まりは1940年(昭和15年)に満州から帰ってきた将兵が本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりと言われている。
市内には、ギョウザ専門店やギョウザを扱う料理店が約200軒あります。

 

宇都宮餃子のタレは酢だけで食べるのが宇都宮スタイルとされ、また、本来の宇都宮ギョウザはニンニクがはいっていません。(中国のギョウザはニンニクがはいっていません)
ギョウザの独特のニオイがするのはニラの匂いです。

 

宇都宮市には、ギョウザの町としてのシンボルとして「ギョーザの像」が存在します。

 

>>宇都宮餃子特集(楽天市場)

 

母の日プレゼント:TOPページ